栄養とお口の健康

歯の治療のパートナー!良い歯科医を探すポイント

MENU

栄養とお口の健康

私たちは口から摂取する食べ物を分解、消化することで体内に栄養を伝達します。
髪や皮膚、内臓などあらゆる部位は口から入ってきたものによって構成されているのです。
お口の中に関しても同様のことがいえます。
栄養が不足してしまうと、虫歯をはじめとした歯科疾患にかかってしまう恐れがあるのです。
今回は、お口の健康と栄養の関係についてご紹介します。

 

歯を支える歯茎は、皮膚や髪と同様に組織が生まれ変わっています。
この生まれ変わりが滞ってしまうと、様々なお口トラブルを引き起こすことになるのです。
歯茎のトラブルとして代表的なものといえば歯周病です。
歯茎から血が出る、歯茎が赤く腫れているといった軽度の歯周病は見逃されることが多く、
歯のぐらつきや膿が発生してから歯科医院を訪ねたときには手遅れになっていることも多い疾患です。
歯周病を予防するには、タンパク質やビタミンを豊富に含んだ食物を摂取しましょう。

 

タンパク質といえばお肉を想像しがちですが、大豆をはじめとした植物性のタンパク質も
バランスよく摂った方が栄養の吸収率は高いといえます。
緑黄色野菜はビタミンCを多く含んでいるので、歯茎の健康を守るには必要不可欠です。
虫歯を予防したいと考えている方は、マグネシウムや亜鉛を意識して摂取しましょう。
歯を丈夫にするカルシウムの生成を司るマグネシウムが不足してしまうと、歯がだんだんと弱っていきます。

 

ここは丈夫で健康な歯を支えてくれるお医者さんで安心です。

 

また、亜鉛は唾液の分泌に深くかかわっており、お口の中を乾燥させないために必要なのです。
こうしたお口に関わる栄養についてもっと知りたいという人は、管理栄養士を雇用している歯科医院を選択しましょう。
歯科医院に勤める管理栄養士からは単なる栄養の話だけではなく、
食事や料理に関する指導もしてもらえるので、お気軽にご相談ください。

関連ページ

歯科検診を受けるメリット
歯科検診を受けるメリット
良い治療を導き出す手順
良い治療を導き出す手順
幼児におすすめの歯科医院とは
幼児におすすめの歯科医院とは